ウルシナの成分 オールインワンにありえないエイジング対策ができる

ウルシナの成分に注目してみました。

ウルシナは11役をやってくれますが、配合されている成分は
普通のオールインワンを超えてるんですよ。

天然成分96.5%で作られており保湿美容成分は
70種類で構成されてます。

天然成分を厳選するのって大変なのに17種類の無添加も実現。

しかも国内生産。

厳選された成分について気になりますね。

 

⇒ウルシナの成分や詳細を今すぐ見てみる

 

ウルシナ オールインワンの成分チェック

注目したい下記の成分からチェックしてみました。

・ヒト幹細胞培養液
・植物由来幹細胞エキス
・成長因子egf
・フラーレン

ヒト幹細胞培養エキス

 

 

メスのいらない美容整形と評判のヒト幹細胞培養液を
ただ入れてるだけじゃありません。

高配合してるんです。

ヒト幹細胞培養液には500種類以上の美容成分が
含まれてるのが注目理由。

500種の中には150種類以上の成長因子も含まれてるとか。

若いころはたくさん分泌されてる成長因子。

でも年齢が上がると減少していき肌は衰えていくことに・・・。

補充することでハリ肌につながるヒアルロン酸やコラーゲンなどの
エイジング成分を増やすスイッチになります。

だから衰えた肌の土台を立て直すよう働きかけてくれます。

ヒト幹細胞培養液が入ってれば他の成分はいらない、って感じ。

しかも高配合なのでヒト幹細胞コスメとオールインワンが
ドッキングしたアイテムって考えることができますね。

植物幹細胞エキス

 

ヒト幹細胞培養液と同じくらい注目されてるのが植物由来の幹細胞エキス。

ウルシナには下の6種類入ってます。

・アルガンツリー
・アルペンローゼ
・サポナリアプミラカルス
・リンゴ
・ブドウ
・コンフリー

以上の植物の幹細胞エキスには肌を衰えさす活性酸素を
抑制する働きがあります。

フラーレン

フラーレンは紫外線やストレス、大気汚染で発生する活性酸素を
除去する働きがあります。

活性酸素を除去する働きはビタミンCと比較すると170倍以上と強力。

長時間キープするパワーもあります。

活性酸素は肌の衰えに大きく影響してくるので除去してくれるのは
ありがたいですね。

塗るボトックスが2種類入ってた

他にもたくさんの美容成分を配合。

全成分を一一つチェックした気が付いたことがあります。

それは塗るボトックスと言われる成分が2種類も入ってること。

・アルルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)
・シンエイク(ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジアミド)

以上の2種類が塗るボトックスです。

塗るボトックスは表情のクセを繰りかえすことでできる
年齢線のケアをやってくれます。

乾燥対策をしっかりとやっても消えてくれないのが
表情を繰り返すことでできるしわ。

保湿しっかりやってるけど乾燥小じわ消えないな~と思ったら
ウルシナでケアしたいですね。

このようにウルシナ オールインワンは一般的な肌の表面だけに
対応するものではなく、根本ケアをするために開発。

全部で70種の美容成分が働いていろんな悩みに対応。

だから一つで11役もできるんですね。

ウルシナの成分まとめ

ウルシナの成分を調べてみると、普通のオールインワンではなく
ヒト幹細胞コスメとオールインワンがドッキングした
ジェルということがわかりました。

 

ピックアップした注目成分の他にもプラセンタエキス、ビタミンC誘導体、
プロテオグリカン、セラミド、アミノ酸など衰えたお肌に
必要な成分がいっぱい入っています。

こんないたくさん入ってるのに17の無添加を実現するのって
大変だったと思います。

 

↓17の無添加↓

 

天然成分96.5%といっても天然だからトラブルがない
ということはありません。

もしかしたら自分にとって苦手なものが入ってないか
購入前に全成分をチェックしておきたいですね。

 

ウルシナ全成分
水、スクワラン、プロパンジオール、ベヘニルアルコール、ジメチコン、オリーブ果実油、ステアリン酸PEG-45、ステアリン酸グリセリル、ペンチレングリコール、グリセリン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、サポナリアプミラカルス培養エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ブドウ果実細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、フラーレン、アルガニアスピノサ核油、セラミドAP、セラミドNP、パルミチン酸レチノール、ユビキノン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ホホバ種子油、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トレハロース、エンテロコッカスフェカリス、α-グルカンオリゴサッカリド、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、アセチルヘキサペプチド-8、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、アセチルデカペプチド-3、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、白金、ビフィズス菌培養溶解質、コメヌカエキス、ラベンダー花エキス、レモングラス葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、ローヤルゼリーエキス、PCA、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸PEG-10、トリエチルヘキサノイン、乳酸、キサンタンガム、カルボマー、イソマルト、レシチン、トコフェロール、BG、PVP、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-200水添ヒマシ油、ステアレス-20、ポリソルベート80、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、水酸化Na、EDTA-2Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

タイトルとURLをコピーしました